北詰訴追に懸けた検察のフレームアップ事件を二審の国選は追及した、しかし真相の解明を怖れる北詰は、この正義の国選氏を今尚に憎悪罵倒している、ここまで公開されているなら控訴趣意書は是非共に見たい。

この弁論再開申立に原田國男は封印をした、やはり我が事件の原田國男裁判官とは”検察犯罪を揉消す逆転無罪判事” この証明がされた北詰無罪事件である。 下段に北詰の国選弁護人解任請求書を掲載したが意味不明で読めない


恐ろしきヘビィークレイマー北詰淳司の訴訟沙汰



弁論再開申立書を一読したが、趣旨は解るが所々の表現に違和感がある、どうも部分的な改ざんが疑われる、しかし弁護士名があるから信用するしかない、この弁論再開申立等を理由とした弁護人解任請求は複写だ

北詰は公文書でも私文書でも平然と捏造をする、もしもこの弁護士が作成した、刑事記録の公開だけでも違法なのに、裁判書面も改ざんしたとなれば、これは大変なことになる。