/ 今何故に有罪答弁制度なのか 簡易裁判で懲役 裁判の効率化と被告人の利益の為として、簡易刑事裁判がされている、刑事裁判は初めてあり、原田裁判長から貼紙をしたかと起訴事実を問われて「ハイ」と答えたが、理由は何故かと続かず、名誉棄損の要件は無視、殺人でも動機はある、そして法廷検事の鶴田が、その貼紙を提示した、判決書の動機は「鬱憤晴らし」にされた。


 虚偽告訴事件から憲政以来の司法危機になった


共産党山添議員の書類送検は妥当か? となりの弁護士「司法が崩壊すると世の中は平和になる ...」(弁護士原 和良)



 


「即決裁判手続」についての意見書



せんち虫を消した検面調書


冤罪救済センター申し込み



我がhp「司法の崩壊」はGoogle検索で二年ぶり上位に戻っている、我が事件の発端としては30年近く経ち、逮捕から四半世紀が過ぎた、誣告者・園田義明も裁判関係者も含めた鬼門入りも多い、しかし昔に事件の真相は暴かれている。



証拠リストという空の箱



園田洋子訴訟





















北詰を擁護する巫召鴻