提訴から280日後の初口頭弁論で市川裁判官は、訴状の内容が解らないから書き直せという、ニヤニヤした被告は答弁書をこの法廷で提出した。
答弁書を当日に提出する被告を注意することもなく、いきなり訴状の内容が解らないという市川に、12月28日の仕事納め当日付の弾劾書面を提出、そしたら何と即日に支部長判事市川は金沢高裁に転出した

市川に代わって立川支部に着任した三村晶子裁判官を裁判官検索すると、東京地裁民事部総括判事とあり、どうも立川支部も兼任しているようだ。
牽強付会かもしれないが・・裁判所前で騒ぐ北詰が提訴されたことから、何らかの裁判所の総意・意図に基づいた事件屋一掃が始まった。

続く小川訴訟・柏市戸籍改竄事件・吉田訴訟・市道占用事件、そして逮捕者4名のデタラメ判決を正す掲示板管理人の巫召鴻訴訟判決書、 現在に三村裁判官は、立川支部で事務の総括に携わっている。

北詰訴訟は控訴手続きから100日が過ぎてやっと控訴審期日が決まった、吉田訴訟では二ヶ月後の期日通知、巫召鴻訴訟の控訴手続きをして一ヶ月を過ぎるが未だない、先行した小川訴訟判決は、柏市戸籍改竄事件は虚構事件と断罪している。

北詰訴訟控訴審は相互控訴になったが、北詰は被告反訴事件は取下げをしている、控訴理由は簡単至極であり、虚偽告訴証拠に基づく原審判決は逆転勝訴しかない。

余談だが、三村裁判官は「昨晩、提出された原告書面を家でじっくり読みました」、また原田國男の署名・押印がある判決抄本に関心を示して、北詰の刑事判決書謄本(原田國男の印字名)は何処で入手したかと訊ねた。


吉田の投稿記事を合成加工している