原田國男裁判官のトリック法廷手続きを知った高裁の佐藤文哉裁判長は、弁護人を脅して絶対的控訴事由である虚偽告訴を証明する弾劾証拠の提出を阻止した、民事裁判ではこの証拠甲第2号証として提出して、これに二人の被告の認否は対極の違いがあった。 被告園田の代理人・渡邊良隆弁護士は、「認めても認めなくとも大変であり、それなら認めないことにする」法廷でこう述べた。